2007年09月13日

目覚める。

・・・なんか酒呑むほどに不眠が悪化してる気がします。高速増殖安崎です。
ちなみに今回は10時半に寝ました。でさっき目が覚めました。トイレ言ってきたらもう目が冴えてます。

H2A13号機、打ち上げ延期
延期の理由について、JAXAは、打ち上げ時間帯において天候悪化が予想されるためだと説明している。なお、新しい打ち上げ日時は9月14日10時31分に設定されているが、明日以降の天候状況等によっては、変更される可能性もある。


・・・アイゴー!

その時間帯はちょうどウリが病院でお医者さんに診てもらってる時間帯ニダ!謝罪しる賠償しる打ち上げ再延期しる!

とはいえ、今回のSELENEのランチウィンドウは非常に狭く、又漁業協定の絡みから、打ち上げ日時は21日までしか引っ張れません。21日までの天気予報も芳しい物とは言えません。上げられるなら14日に何とか上げてしまって欲しい物です。

原発に国際耐震基準、IAEAに日本が協力
国際原子力機関(IAEA)が原子力発電所の耐震性に関する国際的な安全基準をつくるため、日本政府に協力を要請していることが12日、明らかになった。経済産業省原子力安全・保安院は専門家の派遣などで協力する方針。新潟県中越沖地震などで原発が被害を受けた際の教訓を、国際基準に生かしたい考えだ。

そりゃーそうだろうなぁ。運転中に震度6強を直下で食らってなお、致命的な放射能漏れを起こさず安全に停止した柏崎刈羽の経験を国際社会で共有することは実に有意義なことです。しかも柏崎刈羽には日本が誇る改良型沸騰水型原子炉の初号機、二号機があるわけで、これを輸出した先の台湾の関係者の中でもきっと関心は高いことでしょう。
ところで、IAEAの調査が入ったときに、調査官の「寿司喰った」で反発していた某巨大掲示板の人間もいるようですがこれも風評被害を緩和するためのIAEA査察官の粋な計らいだったと思います。日本人は風評に弱いですから。

しかし元々日本を縛るための鎖だったIAEAに日本が協力する時代が来ましたか・・・時代とはうつろう物ですね。50年近くににわたっていじめとも言えるIAEAの査察を受け続けてきた日本にとって、ようやく日の目を見るチャンスが出てきた、というところでしょうか。

「いきなりエイズ」
エイズ対策の関係者の間で「いきなりエイズ」という言葉を用いる人が増えた。エイズが発症した際に初めて、その患者がHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染に気付く状態を言う。

・・・恐ろしい話です。まあ、これを恐ろしいと思えるにはヒト免疫不全ウィルス(HIV)感染症と後天性免疫不全症候群(AIDS)の違いを知っている必要があるのですがね。。。
しかし初診でいきなりAIDS発症=CD4陽性白血球数200切ってるって・・・あんたらどんだけ遊び歩いてたんですか。恐ろしい話です。
せめていきなりエイズで見つかった後は、ちゃんと薬飲んで性的交友を一切断ち切って欲しい物です。耐性ウィルス発生の抑止のためにも。
ちなみに現在HIV感染症の治療はHAARTと呼ばれる多剤併用治療が主流となっており、核酸系逆転写酵素阻害剤、非核酸系逆転写酵素阻害剤、プロテアーゼ阻害剤の3種をうまく組み合わせてのHIVウィルス増殖の抑制を行う治療が行われています。これはウィルスを完全に体内から除去することこそ出来ないものの、ウィルス検知閾値外までウィルス増殖を押さえ込むことが可能な治療法であり、これによって、先進国においてはHIV感染症はもはや慢性的疾患に過ぎない、との意見すら出るほどの効果を上げています。これは、先日当選した川田龍平参院議員を見ても明らかでしょう。彼は青春時代に薬害エイズの被害者となりながらも、今現在議員活動が可能なほどの体力を持って活動を続けていらっしゃいます。
まあそのために健康保険料を使われる身にもなってほしいものですがね(HIV感染症は特定疾患として治療費が健康保険料からかなりの量負担されるのです。たださすがに薬害エイズの方をこの嫌みに入れるのは忍びないのですが)。
posted by 高速増殖安崎 at 01:20| Comment(1) | TrackBack(1) | 操作卓からの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえずコメントでいいや。エントリはそのうち書こう。
今回のエントリとは関係ないが痛い、痛すぎる物を軍板で発見した。
http://kurumachan.seesaa.net/category/2923164-1.html
Posted by 高速増殖安崎 at 2007年09月13日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: EC番号|EC 2.7.7.49)とは、リボ核酸|RNA依存性DNAポリメラーゼ (RNA-dependent DNA polymerase) のこと。逆転写反応 (reverse transcri..
Weblog: 酵素BOX
Tracked: 2007-10-09 16:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。