2006年12月04日

「はやぶさ」後継機にご意見する。

仕事中、こんな記事をみつけました。
一瞬、
「はやぶさ後継機キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!」
と大喜びしたのですが、その下の
"はやぶさ2が計画通り進めば、米に抜かれることはないが、緊縮財政の中、はやぶさ2に予定通り予算が認められるかは微妙。"
という記事を見て(´・ω・`)ショボーン。
5億円、たったの5億円ですよ?JAXAが来年度請求しているのは。そりゃあ、実機の制作が始まれば5億じゃすまないでしょうけど、今がんばってるはやぶさがだいたい130億で制作できてるんです。多少設計を見直すとしてもそれより安くできるでしょう。
打ち上げだって、M-Vは無くなっちゃいましたけどH-2Aがだいたい95億で買えます。あまりやりたくはありませんがソユーズを使えばもっと安くなるでしょう。
しかも後出しじゃんけん大好きなアメ公が同じようなサンプルリターン計画をぶちあげてます。はやぶさをみて「これはいける」と分かってから!

そんなわけで、ついに財務省に「予算つけろ(゚Д゚)ゴルァとご意見してしまいました
前々からいろんなはやぶさ関連のページで財務省にご意見してるのは知ってましたが、まさか自分までやるとは思ってませんでした。
いつもならマンドクセといって何もやらない私が何でこんなことをやったか。
…たぶん、きっとこの写真がもう一度みたかったからでしょう。
20億キロを旅し、地球から3億キロ離れた彼方で、誰もみたことのない地平をみる、ぼくらの宇宙船。
予算が通れば、2013年、きっとぼくらはその光景を目の当たりにするでしょう。
深宇宙の彼方の新たな地平をうつす、ぼくらの宇宙船を。

参考:
はやぶさまとめWiki
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部(ISAS/JAXA)
はやぶさプロジェクトサイト
posted by 高速増殖安崎 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 天空への挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[はやぶさニュース] はやぶさ2応援メールはまだまだ有効です
Excerpt: 10 月末をとりあえずの区切りとしていたはやぶさ2応援メールですが,11 月以降もまだまだ有効とのことで,松浦さんが引き続き呼びかけておられます. 松浦晋也のL/D: はやぶさ2の現状とはやぶさ こ..
Weblog: はやぶさまとめニュース
Tracked: 2007-11-04 23:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。