2009年05月24日

ノム追悼。

mixiでさんざん書きましたが、あまりにも残念なニュースなので取り急ぎブログでも。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090523/kor0905231351011-n1.htm
☆ 聯合ニュースは23日、韓国の盧武鉉前大統領が登山に同行した警護要員を押しのけるようにして投身自殺を図ったと報じた。
警備当局の話として伝えた。

 また、与党関係者によると、前大統領は自殺を図る直前、警護要員に「たばこはあるか」と尋ねていた。「持ってきましょうか」と答えたところ、前大統領は「取りに行く必要はない」と話し、岩の上から下を眺めて「あそこに人がいるな」と淡々と述べた後、飛び降りたという。

 登山には、権良淑夫人は同行していなかった。


飯研が現役の頃、あそこは僕らの聖地でした。
時にホロン部と煽ったり煽られたりを楽しみ、時に内輪ネタで盛り上がり、そして何より潤沢に供給される盧武鉉氏の名言に、彼の一挙手一投足にワクテカしたり脱力したり、本当に楽しい日々でした。

思えば、氏が大統領の職を退き、飯研が残飯研と変わった頃から、ハングル板を開くことが少なくなった気がします。マンネリに飽きたという事もありますが、何より潤沢な笑いを提供してくれた氏が政治の第一線を退いて、ネタを提供してくれることが減ったのが原因な気がしています。

偉大なる元大韓民国大統領盧武鉉様、どうぞ安らかにお眠りください。

お線香をあげたい方はこちらのスレへ。

飯研過去ログに興味のある方はこちら(●持ってないと見られませんが……)


さて、氏の追悼という事ですから、故人のためにもここは笑って見送りたいところです。
と、言うわけで、東アジアニュース+板で拾ってきた名詩の改変コピペを。

---------------------------------

そんなにもあなたはクルミを待ってゐた
かなしく青くキムチくさい青瓦台の死の床で
わたしの手からとった一つのクルミを
あなたの薄汚れた歯ががりりと噛んだ
アゴがはずれそうだが気にしない
その数かけの天のものなるクルミの殻は
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの整形二重の眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
あなたの咽喉に火病はあるが
かういふ命の瀬戸ぎはに
盧武鉉はもとの盧武鉉となり
生涯の反日を一瞬にかたむけた
それからひと時
白頭山でしたやうな深呼吸を一つして
あなたの機関はそれなり止まった
写真の前に挿したむくげの花かげに
鈍く光るクルミを今日も置くニダ

---------------------------------
(元ネタ:高村光太郎「レモン哀歌」)

名詩を汚すな、というご意見は受け付けませんのであしからずw
posted by 高速増殖安崎 at 08:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 操作卓からの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
追悼するの?
Posted by BlogPetの茄子田 鳴夫 at 2009年05月24日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120100206
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。