2009年04月25日

ひとりでできるもん。

気力も湧かずになんとなーくネットをぶらついてたらニュースを見付けたので更新してみます。

●「自分でできる」北、露の「衛星」打ち上げ代行を拒否

☆【ソウル=前田泰広】ロシアのラブロフ外相は25日、韓国の李明博(イミョンバク)大統領と会談し、北朝鮮の長距離ミサイル発射を認めない考えを明らかにした。

 また、24日までの訪朝で北朝鮮側に、北朝鮮の人工衛星をロシアが代わりに打ち上げることを提案したが、北朝鮮側は「我々も自分でできる」と拒否したと説明した。

 ラブロフ外相は、北朝鮮核問題をめぐる6か国協議の再開に努力することで李大統領と一致。ただ、「北朝鮮は孤立した要塞(ようさい)のような状況だ。感情的に対応するより、問題解決方法を模索するべきだ」と述べ、対北朝鮮制裁に否定的な立場を改めて強調した。


ったくお前らは…だから人んちの頭越しにそのおもちゃ打ち上げるんじゃねぇと。せめて政府に仁義切ってくるのかと思いきやそんなこともないし。
まあ、多分本当に打ち上げ機のようなものなんでしょうけど、いつ落ちるか分からん技術と危険な燃料を乗せた打ち上げ機を人の家の頭越しにぶち上げるんだから、せめて仁義くらい切りなさい。

そう言えば南ニダーのKSLV-1はどうなったのかねぇ。じぇんじぇん続報が来ないなぁ。

●H2B、2回目の第1段実機型タンクステージ燃焼試験
こちらは一応順調な模様です。
これって今回の試験で使ったのはあくまでも試験用機体で、ホンモノのフライトモデルはまた別に用意するのでしょうか?
そうするとこの試験用機体はどうなるんだろ。H-II3号機(記憶あいまい)みたいにフライトモデルにリサイクルするのかなぁ。

ともあれ、予定通りに行けば今年夏に試験機1号機フライトかぁ。種子島まで見にいきたいけど予算が…

●ハッブル宇宙望遠鏡、打ち上げ19周年
19歳おめでとうございます。
シャトルあればこその長寿でした。最後の補修ミッションの準備も進んでいるようですし、2013年まで任務がんばってください。
後継望遠鏡は近紫外/可視光の撮影が出来ないようで、残念です。
やっぱり一般人に訴えるにはインパクトのある綺麗な画像が上がってくるのが一番良いと思うのです。そう言う点ではハッブル後継は学術目的に傾斜してしまったのかなと思います。それはそれで正しい方向への進化だと思いますが…

●温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の初期校正検証運用への移行について(PDF注意)
こちらも順調なようで何よりです。アメリカのOCOは失敗してしまいましたので、とりあえずグローバルな温室効果ガス観測は当面「いぶき」が単独でその任につくことになります。どんな研究結果が出るにせよ、しっかり役目を果たして欲しいものです。
しかし、2chの過去ログにもありましたが、OCOが成功していればお互いにデータ校正しあってより確からしい観測結果が得られたはずなんですよねぇ…
OCO失敗でちょっと喜んでしまった自分に喝を入れておきます。ごめんなさい。

●月周回衛星「かぐや」の後期運用について
ああ…もうリアクションホイールが駄目なのね…6月10日頃月面硬着陸かぁ。
で、そのついでに低高度でのデータ取得も行うわけですね。
何はともあれお疲れ様でした。残り少ない時間ではありますが、地球でも眺めてゆっくりしてください。
posted by 高速増殖安崎 at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 天空への挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高速増殖安崎が燃焼したの?
Posted by BlogPetの茄子田 鳴夫 at 2009年04月26日 15:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。