2008年08月09日

やっつけで更新。

どうも、オリンピックの開会式が一番楽しみだったのに寝てしまって見られませんでした。高速増殖安崎です。
とりあえず、野外競技に期待しましょう。いったい何人が血反吐吐いて斃れていくか実に楽しみです。


さて、ブログの方3週間近くほったらかしておいたせいでナスダの遊び場と化してしまいました。ここのところ安崎の鬱がやけに強烈で、更新するだけの気力が湧いてこなかったというのが正直なところでございます。

というわけで、若干ニュースなぞ取り上げて更新としたく思います。

■宇宙技術力、未来に生かせ 究極ロケットM5保存へ

 世界最大級の固体燃料ロケットとして科学衛星の打ち上げで活躍し、2年前に廃止されたM5ロケットの実物が保存されることが決まった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、日本の宇宙技術力を後世に伝え、一般向けの教材として生かすのが狙い。10月から開発拠点のJAXA宇宙科学研究本部(神奈川県相模原市)に展示、公開する。

 保存が決まったのは計8機製造されたM5のうち、唯一残っている2号機。当初は平成7年度に月探査機「ルナーA」を打ち上げる予定だったが、計画中止で使い道がなくなり、発射台がある内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)やメーカーの工場に分散して放置されていた。

 技術者や相模原市などから保存を求める声が寄せられたことに加え、廃棄処分するとかえって手間がかかることもあり、同研究本部に集めて組み立てることにした。全長約30メートルの3段式で、衛星カバーなどを除きほとんどの部分を実物のまま保存・展示する。

 M5は東大生産技術研究所の故・糸川英夫博士が開発を指揮した固体燃料ロケットの集大成として、9年に登場。火星探査機「のぞみ」や小惑星探査機「はやぶさ」などを打ち上げたが、費用が割高なため18年に廃止された。

 JAXAの阪本成一教授は「究極の進化を遂げた固体燃料ロケットの姿を間近で見て、素晴らしさを肌で感じてもらえれば」と話している。


M-Vがどうやら相模原のISASにて保存されるようです。2号機を保存するとのことなので、2段目から白一色のM-V(2)ではなくオリジナルのM-Vでしょう。
衛星カバー…ノーズフェアリングはコルク製だから多分そのまま残せないのでしょう。多分鉄板かなんか加工してそれらしく形を整えるのかな?
とりあえずこれはいずれ見にいかねば。
ああ、そういえば今日はISASの一般公開の日だった・・・いつもいつも行こうと思っては忘れるんだよなぁ。

■<ドラマ視聴率>「恋空」初回視聴率は5.6% 人気ケータイ小説もドラマでは不発?

 2日放送された新ドラマ「恋空」(TBS系、午後8時〜)の視聴率は5.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。原作はベストセラーになったケータイ小説で映画もヒットしたが、テレビ版では厳しいスタートとなった。

 「恋空」は、高校生の美嘉とヒロの切ない恋愛と青春をドラマチックに描いた物語。原作はケータイ小説サイト「魔法のiらんど」に掲載され、中高生を中心に人気を集めた。単行本は上下巻で計200万部を売り上げたベストセラーとなり、新垣結衣さん主演で映画化もされた。

 TBSの土曜午後8時台はこれまでバラエティー番組が中心だったが、4月の改編を気に若者をターゲットにしたドラマに変更された。1作目の森田まさのりさんの人気マンガを原作とした「ルーキーズ」は話題を集め、最終回は19.5%の高視聴率を記録していた。「恋空」は同時間帯の2作目として注目されていたが、過激な内容が敬遠されたのか、前途多難なスタートとなった。【渡辺圭】

どーゆー分析してるんだコイツは…過激な内容もクソも無かろうに。。。単純に原作がつまらなさすぎる、いやむしろ読んでいられないからだということには気づかないんでしょうかねぇ。アレで5%も視聴率取れただけでも、脚本家(決して原作者ではない!)の大勝利と言えるでしょう。
あー、しかし脚本家も大変だなぁ。あの数ページ読むだけで脳味噌がショート起こして異常終了する原作をきっちり読み込んで、脚本書かなきゃいけませんからねぇ。リアル鬼ごっこの脚本書くのと同じくらい大変だろうなと思います。

あー、ダメだ眠い。とりあえず今日は撤退…
posted by 高速増殖安崎 at 19:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 操作卓からの光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>相模原のISASにて保存

「すぐに準備できるロケットはないのか」
「はっ! そうだ相模原のM-Xなら!!」

みたいな展開ですね。解ります。
保存展示品のくせになぜか整備されていて一週間で打ち上げですよ。

そんで首都圏に到達した核弾頭を上野のL-4S-5(飛ばねぇとか言うなwww)で迎撃成功、エンディングです。
Posted by Sinnto at 2008年08月11日 10:50
>「はっ! そうだ相模原のM-Xなら!!」
「遺憾の意」を打ち上げるわけですね。解ります。
上野のL-4Sもきっと糸川博士の怨念で飛んでいきますwwwww

あと相模原にはM-3S-IIも置いてあるので、それを「遺憾の意」として使っても良し上野のL-4Sと同様に「前向きに善処」として使用しても良しですな。

と言うわけでSinnto、来年は相模原にM-V見にいかんかね?筑波にH-II見にいくのでも良いが。
Posted by 高速増殖安崎 at 2008年08月11日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104470558
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

リアル鬼ごっこ
Excerpt: 映画 リアル鬼ごっこについての質問 映画 リアル鬼ごっこについての質問リアル鬼...
Weblog: あきこの出来事
Tracked: 2008-08-13 15:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。